未来創造委員会事業計画

まちづくり室

未来創造委員会 事業計画

 

委員長  岩渕 規眞

 

 

 

我々の暮らす中津市は、企業誘致の成功、県内でも特に高い合計特殊出生率など明るい話題も多いですが、少子高齢化や緩やかな人口減少などといった諸問題にも直面しています。しかし、地域の問題に対しての関心を持っている人は決して多くはなく、まちの明るい未来に影を落としています。市民一人ひとりが明るい中津の未来を描き自身の住む地域に関心を持って、まちの未来に対して自発的に行動できる意識を醸成することが必要です。

まずは、地域の問題解決に向けてどのような課題あって、その課題解決には誰の協力が必要かを調査するために、なかつチャレンジユニバーシティ2019に参加いただいた各高校や、行政へヒアリングに行き、共に課題解決に向けて協力していただける人びとを募り、課題を策定し事業を構築していきます。さらに、若者たちへ郷土愛と自主性の醸成するために、調査した課題を基に、自分たちの住むまちの未来には何が不足していて、何が必要なのかを学び、考え、行動できる機会を提供することで、参加者への市民意識の醸成となる事業を構築します。また、団体、企業レベルで中津の未来に対して何かできることはないかを考え、行動していただくきっかけとするために、若者たちが考えた内容を地域の方々や地元企業、行政、団体の方々に見てもらい、この事業へ共感していただき協力いただくことで、若者たちが将来地元で活躍できる場所を創出する基盤づくりとします。そして、中津JC全体のまちづくりへの意識を向上するために、メンバー全員が参画できるように事業構築することで、中津JCがより地域のことを想い活動できる団体となります。

自身の住むまちの未来を想い自発的に考え行動できる意識が醸成されたことで、些細なことからでもまちづくりに参画する人が増え、その意識や行動が周りの人びとに波及していくことによって、地域の活力が向上し、発展を続けられるまちとなることを確信します。

 

<事業計画>

1.市民一人ひとりがまちづくりに参画できる意識醸成に関する事

2.地域の事を想える市民意識醸成に関する事

3.新入会員・賛助会員・協賛企業の情報提供及び拡大に関する事

4.自己成長の機会を得るための各種大会・事業への積極的な参加・参画に関する事

5.その他各号に関する事