アカデミー育成委員会 事業計画書

ひとづくり室

アカデミー育成委員会 事業計画

 

委員長 古野 晃司

 

 

アカデミーは入会3年未満の新入会員の研修の期間であり、仕事では得られない知識や感性を研ぎ澄ます機会を提供する場でもあります。しかし、JCの魅力や参加する意義を見いだせず、成長の機会を逃しているメンバーも少なくありません。アカデミーメンバーが積極的にJC活動に取り組める意識を醸成し、今後の中津JCの中核を担う人財を育成することが必要となります。

まずは、人との関わりを通じて自身の成長の幅を広げていくために、近隣のLOMと交流を行い、LOMの垣根を超え中津JC以外の人と話をすることで、新たな考え方を知り、発想を増やすことができ、自己成長へと繋がる機会を創出します。そして、アカデミーメンバーが積極的にJC活動を行っていくために、委員会での勉強会を開き、組織の基礎知識や活動内容を学び理解することで、今後アカデミーメンバーが活動していく上での足掛かりとしていきます。さらに、どのように中津JCが運営されているのかをアカデミーメンバーに知ってもらうために、理事会へのオブザーブを行い、例会がどのような意味で行われ、どのような形で事業が構築されているかを知ってもらうことで、JC活動に参加する際の意識向上につなげていきます。また、これらを経験したアカデミーメンバーがよりJCを理解し成長をするために、JC活動で得た気づきや学んだことをどう活用していくか自ら考え、発表することで、アカデミーメンバーがJCをより理解し今後のJC活動をしていく上でのモチベーションを高めていきます。

JC活動を理解し積極的に取り組むアカデミーメンバーが増えることが、今後の中津JCの中核を担う人財の増加につながり、ひいては中津JCの組織の活性化につながっていくものと確信します。

 

<事業計画>

 

1.アカデミーメンバーに関する事

2.LOMの中核になれる人財育成に関する事

3.新入会員・賛助会員・協賛企業の情報提供及び拡大に関する事

4.自己成長の機会を得るための各種大会・事業への積極的な参加・参画に関する事

5.その他各号に関する事